トップページ

糸東流空手道太西会は、スポーツ空手と伝統的な武道空手、琉球古武道を柱として、南大阪を中心に青少年の育成をおこなっています。

子どもたちへは、全日本空手道連盟の競技スタイルであるノンコンタクト(いわゆる寸止め)空手を指導しています。
今空手は2020年東京オリンピックの追加種目として国際オリンピック委員会(IOC)に、個人組手男女3階級、個人形男女の計8種目が提案提案されています。

道場(教室)に入ればトップアスリートも幼児も同じです。
ひとりひとりの目標は、礼儀、自分に自信をつける、体を強くし健康になる、力をつけて人にやさしくなる、日本一、世界一の選手になるなど違いますが、空手道は、礼を慎み(つつしみ)驕る(おごる)ことなく自己研鑽(じこけんさん)に励むことを教えてくれます。

私たち太西会は、ひとりでも多くの子どもたちに空手の良さを知ってほしいと願っています。

ナショナルチームメンバ

ナショナルチーム所属の太西会の先輩たち

村上志久摩選手    辻田誠一郎選手    今尾光選手

ニュース

2015年12月30日
サイトをリニューアルしました
2016年03月09日
2016年春 堺東支部 新規開校予定